パソナ社員の在籍確認 勤務先に電話なしキャッシング可能?誰にも知られずお金借りる

パソナ社員の在籍確認 勤務先に電話なしキャッシング可能?誰にも知られずお金借りる

 

パソナキャッシング

キャッシングといえば、一定の所得がある人しか利用できないというのは、大昔の話です。

 

現在では雇用の多様化によって派遣社員であってもキャッシングを利用することが可能になっています。

 

しかし、お金を借りるということは、必ず返済しなければならず、それらを証明する必要があります。

 

このため審査は必ず必要であり、無審査でお金を借りることはできません。

 

基本的にお金を借りる条件としては、一定の収入があることで、それは正規社員であっても非正規社員であっても同じです。

 

反対に雇用期間が極端に短い場合や、不安定な収入の場合にはお金を借り入れる難易度は極めて高まります。

 

このためアルバイトの場合でも短期間の雇用となりがちな職業は審査ではマイナスに評価されます。

 

一方で不安定な職業といえば派遣社員がありますが、派遣社員の場合には場合によってはアルバイトや契約社員よりも有利に扱われる場合があります。

 

そもそも派遣社員は派遣会社に対して雇用契約を結び、派遣会社が派遣先を探し、期間を区切って派遣先で働くというものです。

 

派遣先での雇用期間が満了すれば、次の仕事を紹介してくれるので比較的安定して収入を得ることができます。

 

一方で収入に関してはケースバイケースで低い人もいますし、技術職であれば高い給与を得ているケースもあります。

 

また派遣会社によっては紹介する能力が大きく変わってくるのでパソナのような大手人材派遣に在籍している方が審査のさいには有利になるケースもあるものです。

 

キャッシングを利用するさいの流れとしては、派遣社員であってもアルバイトであっても、また正社員であっても同じです。

 

必要事項を記入して申し込みを行い、審査によって借り入れが可能であるか判断してもらい、可能であれば就労先に在籍確認を行って、実際にその会社で働いているかの確認を行います。

 

これらが完了すれば本人確認の書類を提出して契約完了です。契約が完了すれば申込時に希望した借入金額の範囲内でお金を借りることができます。

 

借り入れは消費者金融や銀行などローン商品によって異なりますが、ネット銀行と提携しているところでは24時間の振込による融資を受けることが可能です。

 

またローンカードなどを手に入れることができれば、ATMを通じていつでも借り入れすることができます。

 

これらのキャッシングの申し込みの流れは、どの業者であっても同じですが、ネックとなるのが在籍確認です。

 

在籍確認は直接雇用されていれば、その在籍している会社に電話をかけて行われます。

 

電話そのものは簡単に行われ申込時に記入した勤務先の電話番号に担当者が掛けるものです。

 

消費者金融の場合には会社名は名乗りませんから、会社にキャッシング利用の申し込みをしたことを知られることはありません。

 

ただ銀行の場合には銀行名を名乗ることがあります。

 

アルバイトであっても直接雇用されているのであれば、職場で名前を知られることになるので問題ありませんが、派遣社員の場合には短期間の雇用も多いため派遣先では在籍確認が出来ないケースがあります。

 

このため多くは派遣元の会社に在籍確認を行います。

 

しかし、実のところ派遣元に電話をしても確認することが難しいとされます。

 

これは個人情報の保護やコンプライアンスから正当な理由もなく特定の社員の情報を教えることができないためです。

 

社員としては個人情報が外部に漏れないメリットがあるものの、キャッシングを利用するさいには在籍確認が出来ず、借り入れる事が出来ても、最後の在籍確認が出来ないため利用できないといった結果になる場合があります。

 

このような場合には業者によっては派遣先に電話をかけて確認を行うケースがありますが、やはり確認が取れなければ利用できません。

 

このようなケースは増えており、そこで在籍確認を電話ではなく書類で行うところも増えています。

 

このような場合には在籍確認として社員として働いていることを照明する書類を提出することです。

 

派遣業者の場合には所属する社員の便宜を図るために在籍証明書という書類を発行してくれ、それを提出すれば在籍確認とすることが可能です。

 

また組合健康保険の保険証もその会社に所属していることを示すため在籍証明とすることが出来ます。

 

またウェブ完結サービスというものも登場しており、これらはすべての手続きをウェブで完結することができるもので、在籍確認も書類によって行うものです。

 

この場合には、銀行と提携して行っているもので銀行口座を有していることが利用できる条件となっています。

 

銀行口座を開設するさいには身分証明書を提出する必要があるので、開設までスムーズですし、給料口座となっていれば所得証明もしやすいメリットがあります。

 

在籍確認の書類は組合健康保険の書類としているところがほとんどですが、これらの書類を用意できれば、電話による確認がなくても手続きをすることが可能です。

page top