職場に在籍しているか否かの確認の電話が在籍確認

職場に在籍しているか否かの確認の電話が在籍確認

アコム、プロミス、レイクなど、消費者金融からお金を借り入れる際に、本人確認のための手続きが設けられています。

 

お金を借り入れるためにはまず、申し込みをおこないますが、ネットや電話や店頭から申し込めます。

 

対面不要で申し込めるために、多忙な人物や、他人に借り入れを知られたくない人でも安心です。

 

申し込みが終わると、審査が進められます。

 

審査の上では、身分証明書を確認され、信用情報もチェックされます。

 

この時に、在籍確認、職場電話連絡もおこなわれるのです。

 

在籍の確認とは、自宅に在籍しているか否ではなく、申込者が申告した勤務先が真実であるかどうかを確認されるのです。

 

消費者金融の審査において、申込者の職業はとても重要なポイントなのです。

 

無職であればお金を貸し出すことはできませんし、自称大手企業勤務であっても、実はアルバイトだったりすると、限度額が減る可能性があるのです。

 

申込時に多額を借り入れたいからと、嘘の職場を申告してしまうと、こうして審査の際にばれてしまうために、必ず真実のみを記入します。

 

嘘をついてしまうと、信用できないとされます。

 

電話をかけて、職場に存在するか否かを確認するだけですので、時間や手間はかかりません。

 

 

ウェブキャッシング申し込むメリット

 

キャッシングの申込み方法にはいくつかのやり方があり、利用者にとってやりやすい方法を選択することが可能です。

 

無人契約機での申込みや、店舗窓口で対面式での申込みも、説明を受けながら手続きをすることが可能です。

 

近年、多くの人が使っているのは、ウェブを介したキャッシングの申込みです。

 

ウェブを利用したキャッシング申込みの場合のメリットとしては、

 

店舗に行く手間がなく自宅でも外出先でもネットが通じているところなら、どこからでも手続きができるということがあげられます。

 

また、ウェブはいつでも繋がっていますので、朝晩関係なく、自分の都合のいい時間帯に手続きができます。

 

スマートフォンや、携帯電話など、インターネットが使える媒体であればパソコンに限らす使うことができます。

 

店での待ち時間や、現地に行くまでの移動時間が必要ないため、無駄のない、速やかな手続きができて、とても重宝するものです。

 

火急の事態で現金を用立てたいという人には、今すぐ使えるウェブキャッシングは重宝します。

 

それ以外にも、店に行かなくてもいいので人に目撃される心配がなく、安心できるというものがあります。

 

キャッシングを申込みした後の審査結果も、早く知ることができて、早い場合は30分程度で結果がわかります。

 

ウェブキャッシングでは、指定口座に振り込みという形で、融資が受けられます。

 

キャッシングカードについては、ウェブ手続き後に郵送したり、自動契約機でつくったりします。

 

 

キャッシング在籍確認で聞かれること 会社にばれる?

 

どうしてもまとまったお金を急いで用意しなくてはいけない時が、長い人生の間には何度かあるものです。いざという時のためにしっかり貯金をしておけばいいですが、貯金が全然ない場合はお金を工面するのに苦労してしまいます。知り合いに頭を下げてお金を借りるのは抵抗があるならば、金融業者などが扱うキャッシングを利用するといいでしょう。連帯保証人や担保は必要ないので、誰にも迷惑をかけず自己責任でお金を借りることができます。

 

キャッシングに申し込むとどこの金融業者でも審査がありますが、審査基準は金融業者によって違うので同じ人でも審査に通る場合もあれば審査に落ちることもあるので注意が必要です。ほとんどの金融業者では返済能力を審査基準としているので、申し込み用紙に書かれた勤務先に、金融業者の担当者が電話をかけてくる在籍確認審査があります。

 

勤務先に在籍確認をする理由は、本当にその職場で働いているか確認するためです。まれに嘘の勤務先を書く人もいますが、職場に電話をかけられるとすぐにバレてしまうので気をつけてください。

 

勤務先に金融業者から電話がかかってくるとキャッシングをすることが、周りに知られるんじゃないかと不安に感じる人も多いです。金融業者名を名乗ることはなく担当者の個人名で名乗るので、キャッシングが周りに知られる心配はありません。

 

キャッシングの在籍確認で聞かれることは、本人が出た場合は生年月日や住所などの簡単な質問で終了です。営業などで外出している場合でも、その職場に在籍していることが確認されれば終了となります。担当者は出来る限り職場の人には、キャッシングをすることを周りに知られないように注意して電話をかけてくれるので安心です。

 

どうしても職場に電話をかけてきて欲しくない場合は、担当者に相談してみるといいでしょう。場合によっては給与明細書や会社が発行する保険証を提出することで、電話での在籍確認の代わりにしてくれることもあります。

 

パートやアルバイトの人がキャッシングをする場合でも、勤務先に在籍確認の電話が入るので気をつけてください。大きな会社の場合はパートやアルバイトだと電話を取り次いでくれないので、前もって電話を取り次ぐ社員にこういう電話がかかってくることを報告しておくといいでしょう。

 

派遣社員の場合は派遣元の電話番号を書くか、今働いている勤務先の番号を書くかで迷う人もいますが、金融業者の担当者の指示に従うといいでしょう。勤務先の電話番号を記入する場合は、代表の番号を書くと取り次いでくれないこともあるので、今働いている職場に直接通じる電話番号を書くことが大事です。

 

page top