銀行カードローンは収入証明書類の提出が必要

銀行カードローンは収入証明書類の提出が必要

銀行カードローン審査を受けて即日お金を借りるときには、収入証明書類の提出が必要です。

 

収入証明書類は

 

申込みされた人がきちんと返済を継続するための収入を得ているかどうか

 

をチェックするのに必要な書類です。

 

収入証明書類は

 

源泉徴収票、確定申告書、税額通知書・所得(課税)証明書、給与明細書

 

などがあり、いずれか一点の提出が求められます。

 

お申込み者によっては収入証明書類を見られたくない、準備するのが大変、

 

保管していなかったなどの理由で提出するのが難しい場合はあると思います。

 

しかし収入証明書類は必ず提出が必要というわけでもないです。

 

それは希望の利用限度額が低いときです。

 

銀行カードローンによって異なりますが、100万円や200万円や

 

300万円を超えない利用限度額を希望されれば収入証明書類の提出は不要です。

 

お金を借りる審査の際に、あまり高額な利用限度額を希望されなければ、

 

実質収入証明書類を気にすることなく、銀行カードローン審査を受けて即日お金を借りることが出来るので、

 

その点は各種金融機関を確認してみてください。

 

運転免許証や健康保険証、パスポートなど、

 

いずれか一点の本人確認書類を提出すれば大丈夫です。

 

お申込み者によってはこれらの利用限度額を希望されても収入証明書類の提出を求められることはあります。

 

収入証明書の提出は必須?お金借りる審査では 何が必要?

 

消費者金融や銀行などのカードローンでお金を借りることとなった場合には、申し込み後に審査を受け、審査に通過することができたら在籍確認が行われ、すべてが滞りなくスムーズに進めば融資を受けられることとなります。このカードローンを契約する際の審査において必要な書類は、本人確認書類となる身分証明書だけです。しかし希望限度額や現在の借り入れ状況によっては収入証明書が必要になるケースも見られます。

 

まず身分証明書として有効な書類としては、運転免許証や各種健康保険証、パスポートなどです。身分証明書として最も優先されるものが運転免許証で、カードローンに限らず身分証明書が必要な場合に有効となります。運転免許証を持っていない場合には、健康保険証が本人確認書類となります。

 

社会保険証や国民健康保険証、組合健康保険証など様々なものがありますが、種類は問わずどれも有効です。また場合によってはパスポートで本人確認を行うこともあり、パスポートの場合には顔写真と住所が記載されているページをコピーして提出することとなります。日本に在住している外国人の場合には、外国人登録証や特別永住者証明書、在留カードなどが本人確認書類として利用できるでしょう。

 

もしも本人確認書類と現在住んでいる住所が異なる場合には、公共料金の領収書や社会保険料の領収書、納税証明書などを添付して、現住所の証明を行う必要があります。

 

そして場合によっては審査の際に収入の状況を証明するために、収入証明書が必要となりますが、消費者金融と銀行では収入証明書が必要となる基準は異なります。

 

消費者金融やクレジット会社などの場合には、限度額が50万円を超える場合や、他社の借り入れと合わせて総額は100万円を超える場合には、収入証明書が必要です。これは法律で定められているものであり、との消費者金融でも同じことが言えます。

 

銀行カードローンの場合には、その商品により収入証明書が必要となる基準は変わってくることでしょう。100万円を超える場合に必要となるケースもあれば、300万円までは収入証明書は不要という銀行もあります。

 

申し込みの時や契約の際には収入証明書が不要となることも多いですが、借入先の金融機関や保証会社から提出を求められることもあるので、その際には収入証明書を提出する義務があることをしっかりと頭に入れておきましょう。有効なものとしては、源泉徴収票や所得証明書などがあげられますが、これらがすぐに用意できない場合には給与明細書で代用できることもあります。

簡単に受けられるキャッシングサービスとは

以前は、キャッシングはよくないものと考える人も少なくありませんでしたが、現在ではそれほどでもありません。キャッシングは、現金を必要としている時の利用する金融サービスですが、最近は手持ちのお金がない時の買い物はクレジットカードが一般的です。

 

クレジットカードは、翌月一括払いにすれば手数料が発生しませんので、今ではキャッシングでお金を用意するという人はいないようです。ですが、クレジットカードでの支払いができないこともあります。急に香典やお見舞い金を出さなければいけない時や、医療費の支払いなどです。

 

今すぐにでも現金を準備しなければいけないことはいくらでもあるので、その時のためにキャッシングの使い方を把握しておきましょう。以前は、キャッシングの申し込みは、店舗窓口まで足を運ぶことが一般的でした。窓口で融資の申し込みをして、必要書類一式をつくるという段取りです。

 

キャッシングカードとしても使えるクレジットカードで、融資を受けるというやり方も存在します。コンビニや銀行にある提携ATMを利用すれば、貸付限度額までの金額をまとめて引き出すことが可能なのです。もしも、ATMを利用してキャッシングの融資金を引き出したなら、カード精算日まで借り続けることになって、利息かつきます。

 

カードの決済日は各クレジットカード会社ごとに決まっていますので、日取りによっては、利息がたくさんついてしまうことになります。クレジットカード会社によっては、ATMを操作して返済をすることで、繰り上げ返済サービスができたりします。自分が持ってるクレジットカードにはキャッシングの機能がついているか、幾らまでの借り入れができるかなどを把握しておくといいでしょう。

page top