勤務先確認なしで初めて消費者金融でお金を借りた経験談

勤務先確認なしで初めて消費者金融でお金を借りた経験談

 

勤務先確認なしで初めて消費者金融でお金を借りた経験談

以前、消費者金融のアコムでお金を借りたことがあります。

 

当時、私はバツイチになったばかりでアルバイトをしていました。よく生活費が足りなくなることがあり、親に借りようと思いましたが、

 

これ以上迷惑は掛けれないと思い、友達に相談したんです。

 

 

それで、友達が消費者金融を利用していて、私も申込んでみることにしました。

 

ただ、消費者金融でお金を借りたことがなかったので、かなり不安でした。

 

当時アルバイトで審査が通るか分かりませんでしたが、取り合えず、ネットから申込んでみました。

 

 

確認の電話が掛かってきて約1時間半後に審査が通りました。

 

ただ、審査が通ったといっても5万円までしか借りれなくて、少しがっかりしたことを覚えています。

 

初めての利用でアルバイトということで限度額も少なかったようです。

 

 

確認の電話と審査結果を電話で話しましたが、オペレーターの対応は良かったです。

 

消費者金融というと怖いお兄さんが取立てにくるイメージもありますが、そのような心配はありません。

 

対応は丁寧だし、以前の消費者金融のイメージとは全然違います。

 

アルバイトやパート、収入のある学生にも審査をしていますし、どうしてもお金が必要なら申込んでみるのはどうでしょうか。

 

審査の通りやすい消費者金融ってある?審査までの時間が気になる

 

消費者金融を利用する時に気掛かりとなりやすいのが、審査に通過できるかどうかです。特に審査落ちをしやすい条件が揃っている場合は慎重に選ばなければいけません。

 

比較的お金借りるハードルが低い消費者金融の特徴としては、名のある大手よりも中小の消費者金融の方が利用しやすいと言えるでしょう。知名度が低いところも少なくないために不安を感じられやすいですが、知名度の低さが逆に利用のしやすさに繋がることがあるのです。

 

中小消費者金融が利用しやすい理由は、対応の柔軟性に期待ができるからと言えます。大手の場合は一定の基準に満たない利用者ですと事務的に審査落ちにされる可能性がありますが、中小消費者金融は個々の状況に応じて審査をしてくれる傾向があるのです。

 

これはひとえに顧客を得るための対応であり、集客力の強くない中小は、大手では拒否されてしまう利用者を受け容れることで利益とします。

 

とは言えあくでも比較して審査が甘めなだけであり、誰でも通過できるわけでもないのです。通常では審査に通るはずがないような状況で借りられる場合は、闇金のリスクも出てきますので、審査の甘さばかりを求めてしまうのも要注意と言えるでしょう。

 

中小消費者金融で審査を受ける際に掛かる時間についてですが、これは各金融機関によって差異があります。早いところですと最短で30分程度で審査通過の可否を知ることが可能です。融資も即日受けられるようになりますので、急ぎでお金が必要になった時でも利用しやすいと言えるでしょう。

 

一方で1〜2営業日は必要になるところもあります。在籍確認や書類の精査で時間が必要となり一定の時間を要します。

 

銀行でお金借りる場合ですともっと長い時間を取られますから、いずれにせよスピーディーに利用できるのが魅力です。

 

お金が必要になった時に便利な中小消費者金融ですが、ただ最初から利用を視野に入れるのも注意が必要と言えるでしょう。

 

便利に利用できる一方、上限金額が低かったり、金利が他と比べて高い傾向があります。他では審査に通らなかった利用者からすれば借りられるだけで良いこともありますが、スペックに余裕があるのなら大手を中心に考えた方が安心と言えます。より良い条件で借りることができ、返済にも余裕が持てるようになるはずです。

 

しかしながら大手の利用が難しい時には中小消費者金融の利便性が高いのも事実ですので、少しでも条件の良いところを見付けて相談してみるのも良いでしょう。

 

審査がどこにも通らないが貸してくれるローン会社ってある?闇金ではない?

 

ローン会社の審査落ちが続く場合でも、通りやすいところを狙い撃ちすることでお金借りることができる可能性があります。そして比較的審査が緩いとされているのが中小消費者金融です。

 

ローン会社の分類は、中小消費者金融、大手消費者金融、銀行と分けることができますが、この中で一番審査が厳しい傾向があるのが銀行です。金利が低く設定されているのが銀行の魅力ですが、しかしその分、審査が厳しくなっています。

 

次に緩めなのが大手消費者金融です。銀行の利用が難しい人でも審査に通ることがあります。金利はやや高めになるものの、大手なだけあって安心感を持ちやすく、銀行に並びお金借りるための選択肢として選ばれることが多いです。

 

最も審査に通りやすいのが中小消費者金融ですが、他のローン会社ではダメだった場合でも通ることができる可能性が残されています。実際に審査に通過できたという人の状況も、通常なら審査落ちをしてもおかしくない内容が目立ちます。

 

例えば自己破産や個人再生などの債務整理の手続きをしてから、さほど時間が経っていない場合も審査に通過したケースも珍しくありません。債務整理をするとブラックリストに掲載されてしまいますので、一般的には審査落ちする可能性が高いと考えられています。ブラックリストには5〜10年程度は掲載され続けるため、ローン会社もしばらくは利用が難しい中、中小消費者金融ですと1年経たず契約できることもあるのです。

 

申し込みブラックと呼ばれる状態でも審査に通過するケースもあります。これは複数の金融機関に申し込みを行い、そして断られ続けた状態のことですが、他で断られた経緯がある人は敬遠される存在になります。ところが中小消費者金融の場合は受け皿のように審査を通してくれることもあり、結果的にローン会社を利用できることがあるのです。

 

こうした審査の緩さがあると、まるで闇金のように感じられてしまうかもしれませんが、闇金というわけではありませんので安心して利用できます。審査に通りやすいのは、顧客を獲得するためという目的があるからです。大手消費者金融や銀行などと同じように審査を厳しくしてしまうと利益を出すことができませんので、他では断られてしまうような人でも審査を通すことがあるのです。

 

しかしながら誰でも通るわけでもありませんから油断はできないと言えます。あくまでも通りやすいだけであり、審査はしっかりと行われます。また、金利が高めに設定されるほか、申し込み時の書類が通常よりも多く必要になることもあるでしょう。