ちばぎんカードローン審査は勤務先連絡ある?家族に知られずキャッシング

ちばぎんカードローン審査は勤務先連絡ある?家族に知られずキャッシング

 

 

・千葉銀行カードローン 金利1.7%−14.8%

 

・最大800万円まで借り入れ可能

 

・担保、保証人不要

 

・提携コンビニATM(セブン銀行・イーネット・ローソン・ゆうちょ銀行・イオン銀行)で利用可能

 

・ちばぎんなら来店不要

 

・安心の銀行カードローン(多目的ローン)

 

 

 

ちばぎんカードローンは家族に知られずにキャッシング可能です。

 

日々の生活の中ではお金が不足する局面が度々舞い込んでくるものです。

 

自宅の家賃や生活費、公共料金、食費、それに仕事の接待や交遊費、

 

そして趣味やファッションなどへの出費に至るまで、その可能性は実に盛りだくさん。

 

これらの支払いを行う中でどうしてもお金が足りなくなった時には銀行機関の借り入れサービスを活用すると便利です。

 

とりわけ千葉銀行が提供するちばぎんカードローンは多くの利用者が利用する金融サービス。

 

一枚の個人専用カードを発行することによって

 

後はATMを使って自分の判断で借り入れと返済を続けていくことができるので大助かりです。

 

提携銀行や提携コンビニなどのATMからでも借り入れできますので、

 

もちろん千葉銀行の店舗の営業時間外であっても問題なく借り入れが行えます。

 

ただし、こういった一般的なカードローンの審査においては、申請者の多くが不安を抱くものです。

 

というのも審査基準によっては審査落ちする可能性もありますし、

 

勤務先の年収証明書の提示が必要となる場合もあります。

 

さらには審査担当者が勤務先に在籍確認の電話をかけることもあり、

 

そういったキャッシング審査の過程で会社の同僚に借金のことがバレてしまうのではないかと不安を感じるケースも少なくないのです。

 

こういった事柄を考える際にちばぎんカードローンは大きな利便性を発揮します。

 

まずは申し込み手順が簡単で、千葉銀行の口座を持っている人であれば

 

ウェブからの申し込みだけで全ての手続きを完了させてしまうことも可能。

 

そして申請時に所得証明書の提示を行う必要もありませんので、収入に関係なく借り入れを行うことができます。

 

もちろんサラリーマンなどの正社員でなくても、専業主婦やパート、アルバイトなどでも借り入れできるのも大きなメリットと言えるでしょう。

 

そして審査過程においてもメリットがあります。

 

ちばぎんカードローンのキャッシング審査でも他の銀行と同様に在籍確認が行われることとなりますが、

 

その際も心配する必要はありません。

 

審査担当者は会社の代表番号などに電話をかけて申請者本人の在籍の有無を確認しますが、

 

決して千葉銀行という名前や、ちばぎんカードローンといったサービス名を口にすることはありません。

 

あくまで自分の個人名にて電話をかけて申請者本人に通話を取り次いで欲しい旨を伝えるのみ。

 

もちろん本人が不在時であっても、在籍していることがわかりさえすればその確認は完了したも同然です。

 

これらのキャッシング審査に問題がなければ、最速で当日中に融資金を受け取ることも可能です。

 

大切な支払い期限を今日中や明日に控えている場合も余裕を持って手続きできることでしょう。

 

 

ちばぎん審査通過の秘訣 どうしても今日中にお金借りたいとき

 

お金が必要だけど今手元にないときってありますよね。

 

病気の治療費が必要だったり、家電製品が急に壊れてその修理費が必要になったりしたときなどさまざまなことが考えられます。

 

そんなときはカードローンを利用してみませんか。カードローンを利用すれば手軽にお金を借りることができます。

 

ただし、お金が今日中に必要な場合は様々な条件をクリアしないと難しいところがあります。千葉銀行を例に考えてみましょう。

 

 

ちばぎんカードローン審査を今日中に突破するためにはまず、千葉銀行の普通預金口座を事前に持っていなくてはなりません。

 

そんなの当日に手に入れればいいじゃんと思う人もいるかもしれませんが、実はそう簡単にはいきません。

 

千葉銀行では普通預金口座申し込み手続きをしてから約一週間しないとキャッシュカードが自宅に送られてこないのです。

 

キャッシュカードがなければカードローンを利用することは出来ません。クレジットカード一体型のものが欲しい場合は一ヶ月ほど掛かる可能性があるので注意してください。

 

次に重要なのが申し込みを済ませておくということです。千葉銀行は地方銀行のジャンルになるので大手の銀行と比べると規模が小さいため、作業に時間がかかってしまいます。

 

そのため、当日審査に回されたものは翌日にならないと審査されないといった自体になってしまうことが多いです。

 

そうなると、当日中に融資をしてもらうことは難しくなってしまいます。ですので、事前にインターネットで申し込みをしておくことが当日中に融資を受け取る条件となります。

 

さらに、店舗に直接出向く必要性があります。即日融資をしてもらうためには店舗で手続きを済ますことが必要です。

 

知っている人に出会う可能性があるので行きたくないと言う人も多いかと思いますが、ここだけはどうしようもありません。

 

さらに重要なのは、千葉県付近に住んでいるか、勤務している必要があるということです。

 

詳しく述べると、東京都・千葉県・茨木県・埼玉県に住んでいるか働いている必要があります。

 

これらのことが今日中にお金を借りるための必須条件となっています。

 

ただ、いちばん重要なのは安定した収入があるかどうかということです。

 

収入があれば基本的に審査は通ります。また、千葉銀行の店舗に行く際には本人確認書類と収入証明書を用意しておきましょう。

 

持っていないと、二度手間になってしまうことがあります。

 

 

このようなことが、千葉銀行でカードローンをするときの注意点です。しっかり確認しておきましょう。

 

 

ちばぎん在籍確認 勤務先にも誰にもばれずにキャッシングしたい

 

勤務先への在籍確認というのはキャッシングする際の悩みの種になりうることがあります。

 

何故なら、出来る限り勤務先にはキャッシングしているという事実を知られたくないのが人の常だからです。

 

勤務先へキャッシングしている事実がばれない相手としておすすめなのは、ちばぎんフリーローンです。

 

クイックパワーアドバンス、フリーローンクイックパワーアドバンスなどの種類があります。

 

ちばぎん在籍確認の方法ですが、千葉銀行というように名前を名乗って電話をかけてくることはまずありません。

 

ちばぎんが在籍確認をする必要性というのは、キャッシングをきちんと返せることができるのかどうかの確認になります。

 

お金を貸した側がきちんと返せるあてがあるのかを確認したいということは、当然の行動になります。

 

当たり前の行動なのですがこちらにしてみれば少し迷惑な行為とも言うことが出来ます。

 

在籍確認はきちんとした意味のある行為なのです。

 

そして、キャッシングした側は借りた側がきちんとした勤め先が本当かどうかの確認をできれば問題はないのです。

 

ちばぎんが電話で在籍確認をする場合は、ほとんどの場合個人名を名乗って電話をかけてきますので、会社側にちばぎんからキャッシングする・したいという事実がバレるということはありません。

 

勤務先に個人名でかかってくる電話など山ほど存在しているのです。

 

もしかしたら何かのセールスの電話かもしれませんし、知り合いからの電話かもしれません。

 

思っているほど気にする必要はありません。

 

ごくまれに自分がキャッシングをしたことがある人は、代わりに電話をうけた際などに感づいてしまう人がいる可能性はありますが、その人も勤務先にばれたくないという人の気持ちはわかると思うのでさほど心配する必要はないでしょう。

 

ちばぎんのキャッシングですが、最短即日融資可能で、来店や郵送不要でキャッシングすることが可能なので大変便利です。

 

また所得証明書などの面倒くさい書類も一切不要です。

 

千葉銀行に口座を持っている人の場合、すべてもWEBで完結申し込みすることが可能です。

 

本人確認書類も不要で、キャッシングの借り換えをすることも可能です。

 

正社員に限らず、派遣社員、パート、アルバイト、専業主婦の人も申し込みすることが可能です。

 

ちばぎんのキャッシングを申し込みすることの出来る所在地としては、千葉県、東京都、埼玉県、茨城県、横浜市、川崎市で申し込みすることが可能です。

 

 

ちば銀行カードローンの在籍確認 勤務先や職場に電話かかってくる?

 

ちば銀行を利用する時も他のカードローンを利用する時と同じ様に審査の一環として在籍確認は行われています。

 

融資希望者が申告した勤務先・職場に電話が掛かってくるようになっています。

 

通常金融機関で融資を受ける際は様々な点を見て融資の可否を決めますが。

 

また現在ではカードローンを利用する時にはスピード審査を行っている所も少なくありません。

 

ただ、これはあくまでその人が申告した内容に全く誤りがなく、虚偽の申告が無いと言う前提で行われています。

 

しかし、もしそれが嘘だったらお金を貸したにも関わらず、返済してもらえないと言う事態になりかねません。

 

そこで金融機関側は在籍確認を行うことによって、勤務先は勿論のこと、申告した年収に関する情報などが本当に正しいかどうかを見極めるのです。

 

また、在籍確認の電話は審査の一環として行われていますが、この電話があるのは審査の最終段階となっており、これにパスすることができれば融資まであと一歩、と言う状態です。

 

さらに、在籍確認の電話が掛かってくる場合、本人がその電話に出る必要は一切ありません。

 

その人が勤めているかどうかが分かれば良いからです。

 

もちろん本人がその電話に頑張って出ようとしても問題は有りませんが、無理に自分のいる時に電話してもらおうとしなくても大丈夫です。

 

また電話はちば銀行の名前を出して行うのではなく、担当者の個人名でかかってきます。

 

もちろんなぜ電話を掛けてきたのかその要件を言うことも無いので、その電話から融資を希望していることが直接分かってしまうことも有りません。

 

つまり、絶対に自分がその電話に出なかったとしても、こっそりその電話に出た人に知られてしまうと言う事は無いのです。

 

ただ中にはその電話が掛かってくるともしかしたらカードローンを利用しようとしているのではないかと詮索する人も居るので、予め適度な理由を考えておくと良いでしょう。

 

さらに、在籍確認の電話が抜き打ちチェックの様に予告なしに行われるのではなく、基本的には日時を指定してかかってきます。

 

だから、いつかかって来るか分からないと心配になる必要もなく、そろそろかかってくるのではと準備しておくこともできます。

 

電話自体は大体1分程度で終わり、それ程長時間必要となるわけではありません。

 

また、ちば銀行では専業主婦に対するカードローンの利用も認めています。

 

これは銀行なので総量規制の対象外だからです。

 

ただ専業主婦の場合はどこにも勤めていない状態なので、在籍確認の電話を職場に掛ける事は出来ません。

 

もちろん本人の名義でお金を借りることが出来、配偶者の職場の方に在籍確認の電話もかかる事は有りません。

 

つまり、専業主婦の場合は配偶者の収入のみで生活できていると言う信用で成り立っているので、在籍確認なしでの融資が行われています。

 

しかし本人に返済能力があるわけではなく家計から返済する事になっているので、融資の上限額も仕事をしている人に比べると少なめに設定されています。

 

 

 

ちば銀行カードローンの審査基準 審査に落ちる人ってどんな人?

 

ちば銀行のローンは銀行系のローンの中では比較的審査が厳しくないことで知られています。その大きな理由の1つは専業主婦の方への融資を行っていることにあります。専業主婦でパートなどをしていない場合は年収が0となりますが、夫の方に安定した収入があれば借りることが出来ます。

 

実際に主婦の方が審査を受けるケースも多いです。とは言え、働いている方への審査に比べると、無収入の方に対する審査はやや厳しめになっています。当人の収入と扶養する方の収入では根本的に判断基準が異なることに気をつけておきましょう。

 

審査に通りやすい職業は基本的に将来にわたって安定しているものが挙げられます。例えば国家公務員の方は重大な失態でもない限りはその資格を失うことはありませんが、一般的な企業では思わぬ形で失職ということもあります。そのため、公務員は審査において非常に有利となっています。

 

企業の中でも行政が安定しているところが審査に通りやすいです。判断が難しいのは自営業です。自営業の方は非常に大きな収入を得ていても、ある時から収入が大きく減ってしまうリスクがあります。それゆえに審査では不利になってしまうことが多いです。

 

特に従業員が自分と家族しかいないような状態の場合は万が一の際に収入が激減してしまう恐れがあると見なされてしまいます。ただ、借入限度額が低ければ問題なく借りられる可能性もあります。

 

ちば銀行では500万円よりも多く借入をしたい場合は収入証明書が必要となります。つまり、ある程度の借入までは収入は自己申告となっています。

 

一概には言えませんが、金融機関が自己申告に設定している項目はあまり重視していない可能性があります。何故なら収入を多少誤魔化す方がいるかもしれないからです。

 

もちろん、収入を誤魔化していた場合、それが何らかの形でバレると大きな問題にも繋がりかねないので、正直に申告する必要があります。それほど大きな収入が無くても借りられる可能性が高いので、誤魔化すことは逆にリスクを増やすことになります。

 

審査をクリアしやすいちば銀行のローンですが、必須とも言える条件が2つあります。それは年齢と住んでいる場所です。ちば銀行では申し込み資格を20歳から65歳までと規定しています。

 

また、千葉県、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県に住んでいるか、勤めている方でなければ融資が受けられません。

 

職業や年収、他社借入などに問題がなくて審査に落ちてしまった方はこの条件に漏れているかもしれません。

 

クレジットスコアももちろん重要です。ちば銀行では三菱東京UFJグループとの情報共有が進んでいるので、そこに関連して金融事故を起こしてしまうと大いに不利となります。

 

他にも滞納している情報は金融機関同士で共有されていることもあり、これまでの借入状況も大きな影響を与えると言えます。初めてローンを借りるという方はこの点は考慮する必要がありません。

 

 

ちば銀行は無利息で借りれる? 金利払いたくない

 

銀行や信用金庫は個人事業主や法人に対して資金の貸付を行うことで、利息による利益を得ていることで知られています。個人向けのローンやキャッシングに同じことが言え、借りたお金には基本的に年利設定によって算出された利息が返済時に上乗せされるようになっているのです。

 

ではちば銀行でお金を無利息で借りることは可能なのかというと、はっきり言ってしまえば不可能となっています。カードローンやキャッシングサービスなど各種ローン契約の全ての金利がかかるようになっているからです。消費者金融業者の中には最初の1ヶ月間に限り無利子期間を設けているようなところもありますが、ちば銀行はその中には含まれて無いので注意しておく必要があると言えるでしょう。

 

余計な金利を支払いたくないので返済時借りたお金の分だけを振り込んだり、銀行の口座に残しておきたいと考える方もいらっしゃるでしょうが、ローンやキャッシングの返済額の中には利子の上乗せ分も含まれますので、利子まで支払わなければ借金が完済として扱われることはありません。元本を全て返したとしても利子分が残っている限り、更に返済すべき利息が増えていくといった結果が待っているため、ローンやキャッシングの返済時には利子分も含めて振り込むのが最善だと捉えておいてください。

 

ちば銀行では無利息キャンペーンなどを行っていないため、消費者側が負担ゼロの状態でお金を借りることは実質的に不可能ですが、ローンやキャッシングによって年利設定が違うのでより低金利なほうを選んでお金を借りることは可能です。

 

例えば一括払いでは購入が難しい自動車を購入する場合なら、利率が高いフリーローンを使うのではなく自動車ローンを組むといった対策はとられるようになっています。ちば銀行は事業向けの融資サービスだけでなく、住宅ローンや自動車ローンなど消費者向けのローンを組むことも出来るようになっていますので上手に活用するといいでしょう。年利が少ないローンを組むだけで、返済額が数万円から数十万円単位で変わってくることも珍しくないからです。

 

またちば銀行でお金を借りる際には貸し出し調査が実施されて、ATMなどからお金が借りられるフリーキャッシングの場合即日で審査が終わることもありますが、借り入れ希望額が多いようなら数日程度期間をとられることもあります。

 

しかしこの審査は返済能力の有無や過去に金融事故を起こしたことがないのかといった調査なので、金利に影響を与えることは一切ありません。住宅を購入すうための数千万円のローン申請を行い、審査に数日かかったとしても年利がアップするようなことはないものと認識しておくといいでしょう。

 

無利息でお金を借りることは出来ませんが、千葉県内を中心に関東地方に数多くの支店を展開しているちば銀行は、関東地方在住者としてはかなり利用しやすくなっています。使い勝手の良さは抜群ですので利用しやすさといったメリットがあることも覚えておいてください。

 

 

ちば銀行の審査 ちゃんと通るか不安 どうしてもお金が必要

 

銀行ではさまざまな金融商品を取り扱っており、一般的になじみのあるものといえば、普通預金や定期預金です。しかし、このように余っているお金を預けて利息で増やす目的の預金のほか、積極的にお金を借りることも可能になっています。

 

千葉県を中心として、広く関東地方一円に店舗網をもっている、ちば銀行の場合も、個人が気軽にまとまった金額のお金をことができる、クイックパワーという愛称のフリーローンが用意されています。

 

ちば銀行の個人向けフリーローンの特徴としては、最短の場合、申し込みをした即日での融資が可能で、実際に審査を通過して借り入れをするところまで、来店不要で手続きをすることができるしくみがあります。

 

一般的な銀行ローンの場合、所得証明書として、会社から発行されている源泉徴収票や給与明細、個人事業主の場合には税務署に提出している確定申告書の写し、その他、税務署や市町村役場で発行される納税証明書や所得証明書などの提出が必要ですが、ちば銀行のフリーローンでは、原則としてこれらを提出する必要もありません。

 

このように、一般には消費者金融などよりも手続きが面倒といわれている銀行ローンであっても、ちば銀行の場合には、それがあてはまらないため、リーズナブルにお金を借りることができるようになっています。

 

もしも、ちば銀行の普通預金のキャッシュカードをすでに持っている人の場合には、フリーローンの申し込みから、審査を経て、契約をするところまで、すべてを専用のホームページから、インターネットを経由で手続きをすることができるため、書類の提出などの手間さえもかかりません。

 

フリーローンの申し込みをした際には、当然のこととして、銀行による審査かあるため、かならずしも希望のとおりの契約ができるとは限りません。

 

実際に、ちば銀行の審査では、どのような項目が重視されるのかですが、銀行のホームページのなかに、簡単な項目に回答して送信するだけで、わずかの時間で仮審査の結果がわかる、クイック診断のシミュレーション画面がありますので、申し込みをする前に試してみるのもよいでしょう。

 

項目の具体的な例ですが、まずはお金を借りる本人の年齢が挙げられます。20歳未満、または70歳以上の場合には、審査をバスすることができませんので、注意が必要となります。

 

また、年齢が若い場合には、一般には返済能力も少ないことが多いため、他の項目、たとえば年収などで十分にカバーできているかどうかがカギとなります。

 

年収については、サラリーマン、個人事業主とも、やはり重要な審査項目です。確定申告をしている個人事業主の場合は、収入金額そのものではなく、所得金額のほうで見た場合に、十分な余力があるかどうかが確かめられます。

 

借り入れ希望額や返済希望期間も、審査にかかわってきますが、こちらは上限がそれぞれ500万円、7年間として、過度に年収に見合わないような大きな金額を希望するようなことがなければ、審査はスムーズに進みます。

 

 

ちば銀行でお金の借り換えは可能? 今より金利が低いところで借りたい

千葉県にある銀行ですが、地方銀行としてはかなり大きな規模を持っています。

 

それほどまでに大きな規模の銀行で普通の人がお金を借りられるのか不安になるところですが、ちば銀行が用意するクイックパワーアドバンスという融資サービスを利用することで、その不安が解消されます。

 

クイックパワーアドバンスは正社員や公務員はもちろんのこと、派遣やパート・アルバイトのような雇用形態の人、そして専業主婦でも申し込める窓口の広さを誇っています。これなら収入の少ない立場でも積極的に申し込めます。

 

クイックパワーアドバンスはお金を借りられるサービスですが、借り換え目的として利用することも可能です。借り換えは普通にお金を借りるパターンとは違い、現在抱えている借金を融資で返済する仕組みですから、他の銀行のサービスでは断られる心配が高くなりがちです。

 

しかし、ちば銀行が提供するクイックパワーアドバンスは公式に借り換え目的可能としていますので、現在借金をしている人でも申し込みやすい状態です。

 

また、とても金利が低いのもクイックパワーアドバンスの魅力です。借り換え目的であれば、今の借入先よりも金利が低いところを狙うのが基本です。クイックパワーアドバンスを選べば、年率1.7%〜14.8%の範囲で決まります。大手消費者金融の金利が最高で18.0%もする事実を考えれば、圧倒的な金利の低さを実現しているといえます。

 

金利が低ければ、長く返済する場合でも利息の負担が抑えられて便利です。短期間で返済すればもっとお得になります。複数の貸金業者から借りられたとしても、それぞれが金利の高いサービスであれば、毎月の利息の負担が重くのしかかってしまいます。

 

また、それぞれの貸金業者が決めている返済額に従わなければならないため、月々の返済の合計額も大きくなるのが問題です。返済日が違えば、管理が難しくもなります。

 

しかし、ちば銀行のクイックパワーアドバンスに借り換えることで、借金返済の相手を一本化できます。銀行が定める返済日と返済額、金利に従うだけですから、とても管理が楽になります。

 

ちなみに、クイックパワーアドバンスにはフリーローンタイプとカードローンタイプの2種類が存在します。フリーローンは一括で借り入れて、後は返済するだけの仕組みです。金利は年4.3%〜14.8%です。限度額は最高500万円まで対応できます。カードローンは限度額の範囲内であれば、ATMを使って何度でも借りることができます。金利は年1.7%〜14.8%です。限度額は最高800万円までと多めです。

 

フリーローンもカードローンも、ちば銀行に普通預金口座を持っており、キャッシュカードがあれば来店不要でインターネットだけで手続きが完了します。その他の立場の人でも申し込み自体は可能です。最短で即日融資に対応してくれます。実際に借り換えができるかは、申し込んだ後の審査結果で決まりますので、連絡を待つようにします。